Penny Dreadful Magic

x

Penny Dreadful. The ultra-budget, thousands-of-cards Magic Online brewer's paradise with powerful cards, six free weekly tournaments, free 24/7 league, prizes, quarterly rotations, and a super friendly community.

Learn more

Don't show me this again

Penny Dreadful Thursdays is in 16 hours, 32 minutes.

日付 トーナメント リーグ

Penny Dreadful Thursdays

デッキ登録

League July 2024

デッキ登録

Penny Dreadful FNM

デッキ登録

Penny Dreadful Saturdays

デッキ登録

APAC Penny Dreadful Sundays

デッキ登録

Penny Dreadful Sundays

デッキ登録

Penny Dreadful Mondays

デッキ登録

There are six weekly Penny Dreadful tournaments hosted on Gatherling.com. They are all free to enter and some offer prizes from Cardhoarder. Be sure to also check out the league for a play-when-you-like competition.

各トーナメントシリーズには順位表があります。

The second Penny Dreadful Saturdays of each season is replaced by The Season Kick Off with prizes to 32nd place.

The last Penny Dreadful Saturdays of each season is replaced by The Penny Dreadful 500 high-stakes tournament.

トーナメントへの参加方法

Number of Rounds

Rounds
Players Swiss Knockout
2 0 1 (single match)
3-7 3 0 (swiss only)
8 3 2 (top 4)
9-15 4 2
16-31 4 3 (top 8)
32+ 5 3

賞品

Finish Prize
1st 4 tix
2nd 3 tix
3rd–4th 2 tix
5th–8th 1 tix

Prizes from our sponsor Cardhoarder in credit. Prizes will be credited within a few days of the Friday following the tournament. After that the credit will appear when you trade with one of their bots on Magic Online and on their website.

Magic Online のバグ

Penny Dreadful では、バグがあるカードのプレイは以下の条件で認められています。

重要な規則は以下の通りです。

  • Do not play cards with game-breaking bugs (exception: cards that are not bugged in two player games).
  • 意図せずにバグによって有利になったら、ゲームロスとなります。バグが発生したカードを持つプレイヤーがゲームを投了し、(もしあるなら)次のゲームを始めるようにしてください。
  • 故意にバグによって有利になったら、失格となります。
  • Only the player playing a bugged card can ever receive a penalty relating to that card.
  • 対戦相手には、あなたのバグが発生したカードに便宜をはかる義務は無く、またそうしなかったことに対して罰則が適用されることはありません。
  • トーナメントの主催者が最終決定を下します。

下記の例について:以前は、《生ける伝承》で分割カードを追放すると、分割カードの合計した CMC が 2 倍に数えられるバグがありました。

ゲームロスとなる例:墓地にカードが 2 枚ある状態で《生ける伝承》をプレイした。対戦相手はインスタントタイミングで手札からカードを唱えて、その墓地にあるカードの一方を追放した。これにより《生ける伝承》のプレイヤーは分割カードを追放しなければならなくなった。

ゲームロスとなる二つ目の例:《不敬の命令》を、対戦相手を対象とするモードを選んでプレイした。対応して対戦相手は《金粉の粉》をプレイした。 (訳注:《不敬の命令》に対応してプレイヤーが被覆を得たとしても、第 1 のモードがそのまま解決されるバグがある)

失格となる例:《生ける伝承》をプレイして、肥えた墓地から意図的に分割カードを選び、《生ける伝承》のパワーとタフネスを本来の値よりも大きくした。

In the case where an undocumented bugged interaction only becomes known during a competitive match, at the Tournament Organizer's discretion, a game loss or match loss may be imposed rather than a disqualification.

ゲームロスは、バグが発生したカードのコントローラーがゲームを投了することと定めます。

もし混乱があるなら、ゲームを投了したり試合を終了したりする前に、バグが発生したカードのプレイヤー側の時計が進行中の状態で、トーナメントの主催者と話し合うようにしてください。

競技イベントの試合中に新しいバグに初めて遭遇した(つまり pennydreadfulmagic.com/bugs に無いバグである)なら、続行するには両方のプレイヤーが同意する必要があります。

どちらかのプレイヤーが同意しないなら、バグが発生したカードのオーナーは自分のデッキリストからそのカード(のみ)を外してください。そして、試合をやり直し、ゲーム成績がバグが発生したゲーム以前の成績と一致するまで、プレイヤーは正確な順番でゲームを投了しなければいけません。その後、これが 1 ゲーム目ではないなら、サイドボーディングを行い、試合の残りを最後までプレイします。

これらすべての事柄については、トーナメントの主催者が適切と思う形で規則に柔軟性を持たせます。そして主催者の決定が最終決定となります。

既知のバグがある全カードのリスト

その他の規則

If a player starts a sideboarded game with less than 60 cards (quite possible due to a known Magic Online bug) and either player notices before the end of turn 2 and the player with a legal deck wants to restart the game, the game will be restarted. The result of any game played beyond turn 2 with less than 60 cards in maindeck will stand.

各試合では 25 分タイマーを使用してください。

Matches must Allow Watchers so the PDBot can join them.

Penny Dreadful トーナメントでは、プレイヤーが複数のアカウントを使ってゲームをプレイすることは認められません。

Penny Dreadful トーナメントと他のトーナメントに同時に参加したり、リーグで試合を行ったりしないでください。

Spectating other matches is allowed – do not write anything in chat except !record.

トーナメントを最後までプレイしたプレイヤーのみが賞品を受け取ることができます。

バグがあるため、優先権のチェックをすべて外すことは禁止です。

一つのトーナメントに参加できる回数は(同じアカウントや複数のアカウントを使ったとしても)1 回だけです。

Peeny Dreadful トーナメントは、公式の Magic Online トーナメントの規則に従います。また、引き分けは認められていません。これは他のプレイヤー主催のイベントとは異なります。

トーナメントでシングル・エリミネーションに入ってからのドロップは次のマッチでの罰則の対象となります。

If a player realizes they have the wrong deck before the match begins they should take a screenshot of their opening hand as proof. Fix the deck and recreate the match. The player who had the wrong deck must give the choice of play or draw to their opponent.

If a player (or PDBot) realizes they have the wrong deck mid-game they receive a game loss for that game. The match should be recreated with the right deck and games conceded to get the match into the right state.